浜松の探偵で素行・浮気調査なら

News & Blog お知らせ&ブログ

2023年11月2日
浮気調査事例

【伊東市浮気調査事例:探偵】旦那様宛に奥様の浮気を示唆する怪文書が届いた

今回は、「旦那様宛に奥様の浮気を示唆する怪文書が届いた」

依頼者:旦那様(M様40歳) 対象者:奥様

調査場所:静岡県伊東市

依頼内容

今回の依頼者はM様40歳です。

ご自身はWEB開発関係の会社の経営をされているそうです。

奥様は子育てをしながらも、旦那様の会社の事務を手伝われているとのことでした。

ご夫婦は現在結婚12年目、小学生の息子さんがいらっしゃるので、現在では3人で暮らしているそうです。

夫婦仲はいい方だと思うとのことで、旦那様はこれまで奥様の浮気を疑ったことは一度もなかったのだそうです。

ではなぜ今回調査依頼を行うことになったかというと、旦那様のメールアドレス宛に届いた怪文書が発端だということでした。

ある日、旦那様の仕事用のメールアドレスに捨てアカウントと思われる身元不明の人物から、不審なメールが届いたのだそうです。

メールの内容を確認したところ、奥様が会社で浮気をしているという内容のものでした。

奥様が浮気をしているとは全く考えていない旦那様は、当初いたずらメールだと思われたようです。

ただ、仕事用のメールに届いていることから、社内か取引先に自分のことをよく思っていない人物がいるのかと思い、警戒されていたようです。

しかし、メールを放置していると、しばらくして二通目のメールが届いたそうです。

二通目には写真が添付されており、奥様と社内の男性が手をつないでいる写真が同封されていたようです。

これには流石に驚いた旦那様。

写真が合成である可能性も考えられましたが、ひとまず真実をはっきりさせるためにも、浮気調査を行い、真実をはっきりさせようと思われたそうです。

調査内容

もし仮に奥様の浮気が真実であった場合、写真からすでに浮気相手の社員もはっきりしているとのことでした。

しかし、不審な行動も見られなかったのでなかなか絞り込むことができませんでした。

場合によっては、GPSの調査などをしてある程度絞り込むことができますが、やはり時間がかかってしまいます。

今回は、お金がかかってもいいから早く解決してほしいとのことでしたので、まずは奥様の尾行調査を行い、浮気相手との接触を確認してみることにしました。

今回の依頼の目的としては、

・奥様が浮気をしているかどうか確認したい。

・浮気をしていた場合、浮気の証拠を押さえたい。

・浮気相手がどんな人物か確認したい。

・浮気相手と別れさせ、浮気相手を解雇したい。

の4点となります。

もし、自宅に届いた怪文書の内容が真実であった場合、社内の男性が浮気相手となります。

旦那様としては、奥様と離婚する意思はないようですが、浮気相手を会社に置いておくことは考えられないため、奥様と浮気相手を別れさせた上で、該当社員を解雇したいとのことでした。

なので、奥様や浮気相手の男性が言い逃れできないような決定的な不貞行為の証拠を押さえることを目指します。

調査結果

旦那様は仕事が忙しく、旦那様の仕事が終わる前には奥様は自分の仕事を終え退社していきます。

奥様が浮気をしている場合はおそらく退社後であることから、職場から奥様の張り込み尾行調査を開始しました。

しかし、浮気をしている可能性の高い日時に心当たりがなかったことから、数日の調査では特に怪しい行動は見られませんでした。

やはり怪文書がイタズラだったのかと思い始めた時、奥様に動きがありました。

いつもよりも少し早く退社された奥様は、自宅方向には行かず、繁華街の駅におり、駅前の喫茶店に入っていきました。

しばらくすると、怪文書であった該当社員も喫茶店に入ってきて奥様と合流しました。

会話もそこそこで会計を済ませた奥様と男性社員は、そのままタクシーに乗り込み、近くのラブホテルに入っていくのを確認することができました。

その日の行動から、調査日程の組み立てを見直し、特に怪しい日時に再度調査をしたところ、やはり奥様が浮気相手と接触し、ラブホテルの出入りを確認することができました。

十分な証拠を押さえることができたこともあり、全ての調査を終了しました。

まとめ

調査報告書を旦那様に提出しました。

奥様の不貞行為は、奥様が早上がりの日であり、該当社員は外回りを行い、そのまま職場に帰らずに直帰している日に行われていました。

また、おそらくその事実に感づいた社員の1人が旦那様に対して怪文書を送っていたと思われます。

奥様との不貞行為に加え、勤務時間中でのラブホテルの出入りだったこともあり、浮気相手には有無を言わせずに別れさせ、自主的に職場を退職してもらうことができたということでした。

今回のような密告の怪文書が届くような例は稀ですが、職場の同僚などから奥様の浮気の噂や、浮気相手との接触の目撃情報などから浮気が発覚するケースは多いです。

自分の職場の社長の奥様を狙うような社員はなかなか度胸があるとも思えますが、浮気調査をしていると、職場を中心に起こる浮気の事例は後を絶ちません。

【探偵 浜松 浮気調査 浜松 浜松 浮気調査 (株)総合調査トラスト】

電話番号 LINE お問い合わせ